和歌山市にある整形外科 各種外科診療・巻き爪矯正・うるおい治療、各種リハビリ、デイサービスなどの介護も行なっております。

痛みも少なく早く治るうるおい治療|ぶよう整形外科のうるおい治療レポート

うるおい治療(湿潤療法)の治療経過レポート

2012.04.02

傷ややけどに湿潤療法(うるおい治療)を行っています。

傷ややけどを消毒せず、うるおった状態に保つ治療法のことです。
従来の消毒して乾かす治療に比べ、はるかに痛みが少なく、きれいに早く治ります。
傷からしみ出てくる浸出液には、傷を治す成分がたくさん含まれているので、
うるおった状態を保っていれば傷は自然に治ってきます。
逆に乾燥状態では、人の細胞は死滅します。さらに消毒薬で消毒すると、
細菌とともに人の細胞も破壊されてしまいます。消毒すると痛いのがその証拠です。

当院では滅菌水で洗浄した後、専用の創傷被覆材を使用して湿潤治療を行っています。消毒薬は一切使用していません。
ご家庭で行う場合は、まず水道水で汚れや血液を洗い流し、その後食品用ラップや市販の湿潤治療用の被覆材を貼ります。
日本の水道水はとてもきれいなので、安心して傷にも使用できます。
交換回数は傷の状態によりますが、始めの頃は1日1回は交換した方が良いでしょう。
どの程度の湿潤状態にするかが、この治療のポイントです。


擦り傷の治療ケース

大きなすり傷です。創傷被覆材で湿潤治療を行いました。
大きなすり傷です。
4日後の状態です。すでに皮膚が出来てきています。
4日後の様子。
11日後です。治癒しています。湿潤治療ならかさぶたができません。
11日後の様子。


お子さまの火傷治療ケース

やけどの子供さんです。
自分で湿潤治療を行っておられましたが、周りの皮膚が荒れてきたとのことで
3日後に来院されました。

引き続き湿潤治療を行いました。被覆材を貼る範囲をなるべく小さくして対処しました。
処置中まったく痛がりませんでした。
子供の腕のやけど。
4日後です。ほとんど治っています。
4日後の様子。
別の件で半年後に来院されました。
わずかに色がわかる程度で、非常にきれいに治っています。
半年後の様子。


他の治療法から変更されたケース

数日間他のクリニックでイソジンとソフラチュールで処置を受けていましたが、
交換時の痛みが強いので当院を来院されました。

ソフラチュールがこびりついています。
剝がす時は強く痛みます。
すぐに湿潤療法に切り替えました。
ソフラチュールがごびりついた患部。
2日後です。
すでにかなり皮膚ができています。
交換時の痛みはまったくありません。
2日後の様子
6日後です。
完全に皮膚ができて治癒しました。
6日後の様子。


湿潤治療を行えば、かさぶたができずに皮膚ができます。
その様子を見て感動される患者様もいらっしゃいます。
傷ややけどには、湿潤治療がお勧めです。